養老孟司の“逆さメガネ”

ナレーター:

再生時間:

05:37:59

チャプター数:

17

図表の数:

0

出版社:

PHP研究所

作品紹介

420万部を超える大ヒット作『バカの壁』の著者・養老孟司が語る、40万部突破のベストセラーがついに登場! 「逆さメガネ」をかけて常識を疑って見ると、「当たり前」だと思っていた物事の違う一面が見えてくる! 現代人はなぜ「利口なバカ」になったのか。そして、現代人が忘れかけている人間の本質とは? 軽快な口調であなたの心に語りかけ、常識の外側に向けて目を開かせてくれる、知的好奇心を刺激する1本です。 世の中には、多くの人が共有し「常識」とされている考え方があります。 しかし、そんな常識だらけの社会で暮らしていく中で、「本当にそうだろうか」と疑ってみたことはありませんか? ・反対意見を持っていたけれど、周りの意見に合わせてしまった ・常識的に考えても、解決の方法や行動が分からない場面に直面した ・自分と周りの認識が、何だかずれている気がする 少しでもそんな風に思ったことがある方にぜひ触れていただきたい、世の中の常識に真正面から挑む作品が登場しました。 ベストセラー『バカの壁』の著者としても知られる養老孟司氏が語る本作品は、 著者にとって身近な「教育」という題材を通して、ものごとの見方や考え方について考察しています。 教育を中心に脳化社会の問題や意識的世界の限界、男女の平等等について言及し、 様々な思い込みのワナを解きほぐそうと試みる本作品は、 科学ですべてが予測できる、ボタン一つで何でもできる、という現代人の思い込みに警鐘を鳴らすとともに、 いかに私たちの価値観が大きな錯覚をしているか、ということに気づかせてくれます。 凶悪犯罪、教育の荒廃、環境破壊、汚職など、「世の中がおかしくなった」と思うようなニュースがあふれている現代社会。 そんな時、世の中がおかしいのではなく、私たち自身の見方・考え方が間違っているのかもしれない、と疑ってみると、 人間が忘れてはならない、大切なものが見えてくることがあります。 その社会のなかで生活していると、その社会のおかしさにはなかなか気づくことができません。 この作品を通して、普通の人とは違う「逆さメガネ」をかけて、自分の視点でものを見ることができる力を身につけてみませんか? 「常識」の中でしか考えられなかった現代人の頭をほぐしてくれる本作品は、 ビジネスにも私生活にも生かすことができる、新たな気づきや重要な視点、考える力を与えてくれることでしょう。 知的好奇心を刺激して新たな知の世界を開かせる、知る楽しさと深い学びが詰まった1本。 さあ、あなたも、気づかないうちに受け入れている世の中の常識を、逆さメガネをかけて疑ってみませんか?

カテゴリ

成功術
生き方・人生論

© 2021 DWANGO Co., Ltd.