徒然草―世を厭い人を恋う

ナレーター:

再生時間:

03:15:32

チャプター数:

10

図表の数:

0

作品紹介

今明かされる、知られざる徒然草の真のメッセージとは?鎌倉時代に描かれた「徒然草」から数多くの処世術が刻まれた154の文章を抜粋・解説。中世から受け継がれるベストセラーとなる所以を今、学び直してみませんか?「徒然草」と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?学校の古文の授業で習ったような覚えがあるけれど、内容はうろ覚え。日本三大随筆というけれど、過去の遺物で今の世の中にはあまり役に立たない。上のような考えを持たれている方も、多いかと思います。しかし、これは非常にもったいないこと。なぜなら、徒然草は700年の時を経てもなお、今を生きる私たちにとってとても有益で深淵な処世術、哲学を教えてくれるからです。徒然草を記した兼好法師は、朝廷の下級官吏として勤めていた人物ですが、葛藤やストレスを受け、深く悩んだ末に社会から距離を置くことに決めます。徒然草は、そうして社会から距離を置いた兼好の視点からとりとめもなく綴られた処世術や社会に対する投げかけが一冊の本となり、中世の日本でベストセラーとなったものです。どれだけ長い時間が過ぎようとも、日本という場所で日本人の心を持って生きるのは私たちが今生きている状況となんら変わりがないものです。そんな私たちに、兼好のことばは聴けば聴くほど、深い示唆を与えてくれます。さらに、著者である早稲田大学文学学術院教授の稲畑耕一郎氏の解説は、深い読みや教養に基づいたものでありながら、自然で分かりやすく、徒然草本来の良さを最大限に引き出しています。上司や部下、社外との関わりの中で葛藤を抱えるビジネスパーソンの皆さん。悠久の歴史の中で紡がれてきた徒然草に綴られた154の知恵を吸収し、ストレスの多い現代社会での処世術や、生活を豊かにする教養を学びましょう。

カテゴリ

名作文学
生き方・人生論
哲学

© 2021 DWANGO Co., Ltd.