座右のゲーテ

著者:

ナレーター:

再生時間:

04:28:26

チャプター数:

14

図表の数:

2

出版社:

光文社

作品紹介

20万部突破のベストセラー!平易な中に深遠な意味を込めたゲーテの言葉達が、壁にぶつかったあなたに、乗り越える勇気と解決方法を教えてくれるでしょう。あなたは「ゲーテ」と聞いて、どんな印象を持つでしょうか?『ファウスト』や『若きウェルテルの悩み』を連想する方、シューベルトの『魔王』などの歌曲を連想する方、または自然科学者としてのゲーテを連想する方もいるかもしれません。著者の斎藤氏は二十代のころに、本質的なものを求めるあまり、抽象的思考に陥り身動きが取れなくなってしまったそうです。そしてそんな斎藤氏を導いてくれたのが『ゲーテとの対話』という本だったというのです。ゲーテに惹かれたのは決して抽象的な議論で終わらず、具体的行動の工夫を開陳してくれていることだ斎藤氏は言います。そして「具体的でかつ本質的である」というゾーンに向けて自分を修練させる方法を教えてくれたとも述べます。この本は『ゲーテとの対話』を軸に、斎藤氏が現在に生きるわれわれにも有益と思われるゲーテの言葉を選び、「発想の技法」という観点から編んだものです。「ゲーテを座右に置く」というのは「親しくゲーテと対話すること」です。「小さな対象だけを扱う」「最高を知る」「独創性などない」など刺激的なゲーテの言葉を聴き、斎藤氏のように「ゲーテを座右に置く」ことで、発想転換する機会を求めてみてはいかがでしょうか。

カテゴリ

生き方・人生論
哲学

© 2021 DWANGO Co., Ltd.