僕は明日もお客さまに会いに行く。

著者:

ナレーター:

再生時間:

05:43:03

チャプター数:

20

図表の数:

0

作品紹介

10万部突破、『かばんはハンカチの上に置きなさい』の著者が、 営業にとって、そしてすべての社会人にとって「いちばん大切なこと」を小説形式で語る話題作! リクルート、プルデンシャル生命保険などでトップ営業マンとなった著者が、 リアルな5年目営業マンのストーリーに載せて、営業という仕事の本質について語ります。 営業のノウハウ本をたくさん読んだのに結果が出ない。 営業という仕事に自信を持てるようになりたい。 仕事へのモチベーションを高めたい。 本作品は、そんなあなたにこそお聴きいただきたい、 具体的なテクニックを学ぶだけでは身につかない「営業の本質」を、小説形式でお伝えする作品です。 この物語の主人公・三井総一郎は、入社5年目を迎えた営業マン。 営業スタッフのスキルアップを目的に、ある日、社内で新たにメンター制度が導入されます。 そしてメンター役として現れた伝説の営業マン・山野井に指導されることとなった三井は、 4週間にわたり、営業としての人生を変える様々な経験をしていきます。 巷に溢れる「営業のノウハウ本」には、 相手に好印象を持たせるためのテクニック、プレゼン術、話の聴き方など、 すぐに活用できそうなノウハウが豊富に紹介されています。 しかし、具体的な「テクニック」を指南する本をいくら読んでも、 その背後にある「営業の本質」に目を向けなければ、思うように結果を出すことはできないのです。 本作品で三井とともに営業の現場で展開されるストーリーを追っていくうちに、 「本気で仕事をすることの大切さ」や、営業という仕事の本質が いつの間にか、心から理解できるようになっていくことでしょう。 本作品を聴いて、著者が約25年にわたる営業人生のすえに行き着いた「いちばん大切なこと」を感じ取り、 本気で仕事に取り組み、結果を出せる自分に生まれ変わってみませんか?

カテゴリ

キャリア・マネジメント
マーケティング・セールス
成功術

© 2021 DWANGO Co., Ltd.