世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉

ナレーター:

再生時間:

02:37:12

チャプター数:

9

図表の数:

0

出版社:

双葉社

作品紹介

豊かさとは何か、人生で大切なこととは何か。 話題となった2012年リオ会議の「もっとも衝撃的なスピーチ」も全文収録された 『世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉』がオーディオブック化! ホセ・ムヒカの人生と思想を知り、より良い生き方について考えるきっかけとなる一冊です。 「貧乏な人とは、少ししかものを持っていない人ではなく、 無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」 この言葉、皆さんもニュースで目にしたのではないでしょうか? 環境の未来を全リーダーで決めていくというリオの会議で、 その場の感動をさらった8分間のスピーチ。 その反響は大きく、一夜でサイトが3回落ちるほど訪問者が殺到し、 4日間の訪問者は50万人以上にも上りました。 日本人にももれなくこの言葉が響いたことでしょう。 近年の日本が追いかけてきた経済成長と、一個人が満たそうとするさまざまな欲を満たす経済発展に対しての 衝撃的な言葉だったのではないでしょうか。 世界でもっとも貧しい大統領の彼の生き様やその精神には、 様々な望みをかなえようとして暮らしている現代人をはっとさせる力があります。 日々を時間に追われて忙しく過ごしている方、足りないものにばかり目を向けてしまいがちな方に、 ぜひじっくりと聞き、考えてみていただきたい一冊です。

カテゴリ

エッセイ・随筆
生き方・人生論

© 2021 DWANGO Co., Ltd.