戦略参謀の仕事――プロフェッショナル人材になる79のアドバイス

ナレーター:

再生時間:

12:16:01

チャプター数:

34

図表の数:

3

作品紹介

トヨタの実践力、マッキンゼーの戦略力を身につけた企業改革請負人が、トップを補佐する参謀の役割とその具体的な仕事の中身について解説する。参謀役はビジネスパーソンが自らの腕を磨く格好のチャンスとなることを説く。                     真のプロフェッショナルを目指す、すべてのビジネスパーソンへ! トヨタの実践力、マッキンゼーの戦略プランニング力を身につけた企業改革請負人が、 次代のビジネスパーソンにおくる骨太なアドバイス。 参謀役は経営トップへの登竜門!  企業に不可欠な真のプロフェッショナル人材になるために必要なマインドとスキル、行動原則とは何か? 「火中の栗」は、自ら拾え。 その苦労は必ず報われる。 トヨタの実践力、マッキンゼーの戦略プランニング力を身につけた企業改革請負人が、 次代のビジネスパーソンにおくる骨太な79のアドバイス。 ビジネスや経営に興味のあるビジネスパーソンにとって、自らの腕を手っ取り早く磨く方法とは、 今の会社や現場において経営トップの課題の一部を代行する「参謀役」として動き、働くこと。 ◎「思惑」の蔓延が放置された企業は、ゆるやかに確実に衰退する ◎「PDCAが廻っていない」は、マネジメントができていないのと同じ ◎上手に見える化するだけで、ほとんどの課題は解決する ◎「戦略」は、事業を理解している当事者が自ら策定すべきもの ◎参謀役は嫌われ者や利己主義者には務まらない など、骨太のアドバイスが満載。

カテゴリ

キャリア・マネジメント
成功術

© 2021 DWANGO Co., Ltd.