「自分」から自由になる沈黙入門

ナレーター:

再生時間:

03:46:18

チャプター数:

10

図表の数:

0

出版社:

幻冬舎

作品紹介

「自分の事を評価して欲しい!私の意見を聴いて!」・・・そんな風につい自分を良く見せたい、誰かを批判してしまう。誰にでもそのような経験はあると思います。「私が!私が!」とガツガタツと自己を押し付けてしまうのは、自分が幸せになりたいから。でもそうではなく、何にもケチをつけずに過ごしてみたり、執着する事をやめる事で、むしろ平穏に生きる事ができると説きます。そんな人のために、仏教の知識を織り交ぜつつ、身近な例を出しながら、イライラ・不安から開放された軽やかな生き方を指南しています。今回は、その中からごく一部をご紹介いたします。 ■口にすると気持ちが良くなる呪文をやめる例えば、「それってアホだね!」というような、相手の事を批判したりする時に使ってしまう、些細な「呪文」が存在します。口癖となっているその呪文を言う度に、「あいつってダメ=私ってステキ」という恍惚に浸り、気持ちよくなってしまうのに、多くの人は気づきません。そうなる前に、まずは手始めに、その呪文を認識する事が重要だと筆者は説いています。 ■「このCDどうだった?」と尋ねないCDを貸した相手に返してもらうという、ごく些細な情景にすら、精神的な借金をムリヤリ取り立てるという行為が介在します。これに限らず、日常的な生活で、人は皆借金取りのように振る舞い、逆に利子を取り立てられているという事が言えるのです。そうではなく、親切は相手にばれないようにこっそりと、見返りを求めず「お布施」のように行う事が大切だと、筆者は説きます。 この他にも、「自分」を薄め、心穏やかに生きるための様々な方法や人生論が、自身の経験を交えてわかりやすく書かれています。どうぞ、落ち着いた気持ちで、肩肘張らずにぼんやりと聴いてみてください。 【書籍の紹介】 東大卒の住職が、欲望を消して穏やか気持ちで日々を生きるための心構えを具体例を交えて指南。ストレス無縁の生活を送りたい方、必読です!本書はウェブサイト「家出空間」などで有名な僧、小池龍之介氏の著書です。なぜ人は「自分が、自分が」「私が、私が」と言ってしまうのでしょうか。その答えはシンプルで、自分が幸せになりたいからです。しかし、そのようなことを言う人は「自分」というものにこだわってしまう「自分濃度」が濃くなってしまい、自分が持っているガツガツとした物欲しそうな雰囲気が漂うようになってしまいます。そうならないためにはどうすればいいのでしょうか。本書には自分を薄めるために必要なことが丁寧に解説されています。とめどない欲望、イライラ、不安から開放されて軽やかに生きるために。ぜひ本オーディオブックを試してみてください。

カテゴリ

生き方・人生論
哲学
宗教

スタッフのおすすめ

ガルラジ特別編'21(1) 春花とすずのラジオ思い出交差点

ガルラジ事務局

佐野史郎 怪奇幻想シリーズ(1) 鏡地獄

江戸川乱歩

森の妖姫【期間限定】

小川未明

千歳くんはラムネ瓶のなか(ガガガ文庫)

裕夢

毒もみのすきな署長さん【期間限定】

宮沢賢治

青髯二百八十三人の妻【期間限定】

久生十蘭

グッド・バイ【期間限定】

太宰治

心理試験(分冊版・1)【期間限定】

江戸川乱歩

二銭銅貨【期間限定】

江戸川乱歩

少年探偵団(分冊版・1)【期間限定】

江戸川乱歩

青鬼の褌を洗う女【期間限定】

坂口安吾

ダ・ヴィンチ・コード(上)

ダン・ブラウン 越前 敏弥

バッテリー

あさの あつこ

座右のゲーテ

齋藤孝

志高く 孫正義正伝 完全版

井上篤夫

ユダヤ人大富豪の教え

本田健

バッテリー

あさの あつこ

女子大生会計士の事件簿<前編>

山田真哉

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法

ちきりん

その検索はやめなさい

苫米地英人

問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい

山田真哉

ST警視庁科学特捜班 青の調査ファイル

今野敏

クリムゾンの迷宮

貴志 祐介

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

さとうみつろう

思考力

外山滋比古

統計学が最強の学問である

西内啓

僕は君たちに武器を配りたい

瀧本哲史

怒らない技術~人生・仕事の成果を変える!感情マネジメント~

すべての悩みは気のせいかもよ!

小池龍之介

ナオミとカナコ

奥田英朗

© 2021 DWANGO Co., Ltd.