抱月・須磨子の藝術座の不思議 第1回「藝術座の経済性」

ナレーター:

再生時間:

00:45:56

チャプター数:

1

図表の数:

1

作品紹介

島村抱月と松井須磨子が東京・神楽坂に設立し、近代演劇に大きな足跡と伝説を残した「藝術座」。 国内はもとより、台湾、朝鮮、満州(中国東北部)、ウラジオストックに至る195カ所に巡業し、新劇の普及発展に貢献しました。 本講座では、『評伝 島村抱月』の著者で自ら地域の演劇活動に関わってきた岩町功さんが語り、邦楽研究家の関川勝夫さんが松井須磨子の『カチューシャの唄』や坪内逍遥の声を蓄音機で再現します。

カテゴリ

地理・旅行

© 2021 DWANGO Co., Ltd.