wisの安岡章太郎「ガラスの靴」

再生時間:

00:57:18

チャプター数:

4

図表の数:

0

出版社:

響林社

作品紹介

1951年、芥川賞候補となった安岡章太郎の処女作。猟銃店の夜番に雇われていた僕は、米軍軍医の邸宅に散弾を届けにいったところ、色の青白いメードに歓待を受けた。それが悦子との出会いだった。歳は二十歳。「ヒグラシは鳥に決まっている」「雨ガエルがいっぱい入ってきて眠れない」などとにわかには信じられないことを言う彼女だが、私は惚れてしまった。軍医が夏休みで不在の間、邸宅は二人の戯れの場となった。が、悦子は僕に抱かせようとはしなかった。やがて、軍医の休暇の終わりとともに二人の"夏休み"も終わりを迎える。それを嫌がる悦子。腕の中で胸を打たせている彼女を僕は確信を持って、初めて抱こうとするのだが・・・。

カテゴリ

現代文学

スタッフのおすすめ

© 2021 DWANGO Co., Ltd.