市朗怪全集 七

市朗怪全集 七
市朗怪全集 七

ナレーター:

再生時間:

01:42:34

チャプター数:

8

図表の数:

0

作品紹介

市朗怪全集とは 実話系怪談のパイオニア、『新耳袋』シリーズの著者の一人が、語りで送る怪談全集! 1990年代に巻き起こったJホラー・ブームを牽引した実話怪談界の大御所が、満を持して登場する!! 全てが実話。この現代に現れた闇と異界の世界を聴け!!

内容紹介 「録音」(9分) 打ち合わせの議事録を録ったカセットテープ。 機械としての作りが単純であるが為に認めがたい現象が起きる。 実話系怪談とは何かを考えさせる怪異を、どう表現するのか? 『新耳袋』作者の二人が議論を重ねたという怪異。

「モニターの女」(17分) 20年ほど前のこと、私のファンだという女性が亡くなったと聞き、ある怪談ライブの会場で、お客さんと共に黙祷を捧げた。 ところが、会場の防犯用カメラに奇妙な女性が映ったという証言があった。 しかもモノクロのモニターに…。

「モニターの女・後日談」(5分) 無人のロビーに現れた奇妙な女性。それをカメラは捉え、複数の関係者も見ていた。 その女性の姿、特色を照合してみるとまさにそれは…。そして衝撃の事実が。

「百物語の会」(21分) その女性が亡くなった数年後、私はある劇団とのコラボ企画『百物語の会』に出演していた。ところがまた、その女性が現れ…。

「轢き逃げの犯人」(8分) とある職場に派遣されてきた警備員。彼は元刑事だったという。 その元刑事が語った、轢き逃げ事件捜査の裏話。 そこには即死した少年の悲痛なメッセージが犯人逮捕に繋がったというのだが。

「無縁仏」(16分) 辺鄙な田舎の村で水死体が上がった。その前日の夜、地元の寺を訪ねて来た老人がいた。「無縁仏になるにはどうしたらいいのでしょうか」と何度も尋ねられた住職は、ある対処をしたが…。

「同級生の部屋」(15分) 町中で旧友と会った。彼は「うちに幽霊が出るから一晩泊まって見極めてくれ」と頼まれたのだった。好奇心もあり旧友の部屋に泊まった真夜中、とんでもないものを見ることになる。

「城崎にて」(9分) 借金を重ねに重ね、自殺をするしかないと兵庫県城崎に死に場所を見つけた男。 意を決した瞬間、信じられないことが起きた。彼の中のどこかに死にたくないという気持ちがあったのだろうか。

カテゴリ

怪談

スタッフのおすすめ

© 2021 DWANGO Co., Ltd.