wisの坂口安吾「アンゴウ」

再生時間:

00:54:11

チャプター数:

6

図表の数:

0

出版社:

響林社

作品紹介

坂口安吾の「アンゴウ」は、安吾としては異色の作品で、推理小説仕立てになっている。終戦間もなく、復員してきた矢島は神田の古本屋でなじみのある上代史の本をみつけ、思わず入手した。それは親友の神尾の蔵書だったが、そこになぜが女手によると思われる男女の密会を想像させる暗号らしき紙片がはさまっていた。しかも、それが自分の勤務先だった出版社の罫紙だったことから、矢島は疑念を募らせていくのだが・・・。

カテゴリ

名作文学

スタッフのおすすめ

© 2021 DWANGO Co., Ltd.