オーディオブック聴くならドワンゴジェイピー!




ラブライブ!オーディオブックシリーズ

ラブライブ!オーディオブックシリーズ
「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」素顔のフォトエッセイシリーズ「Rainbow Days」を音声化!

ニジガクの日常が詰まった各メンバーのモノローグストーリーを、担当キャスト陣が熱演!
音声化に合わせて全エピソードをテキスト/犬井楡氏がリライト!
オーディオブックだけの「スペシャルエピソード」を新規収録!

【ドワンゴジェイピー限定】全エピソード
スマホ壁紙イラスト特典付き!


「ラブライブ!オーディオブックシリーズ」について

『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』に登場するメンバーの素顔や日常の風景を、
モノローグで綴ったフォトエッセイ「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 素顔のフォトエッセイシリーズ Rainbow Days」。
各メンバーの視点で描かれるそのストーリーを、担当キャスト陣が音声ドラマとして演じたのが「オーディオブックシリーズ」です。
音声作品としてより聴きやすくなるよう、テキスト/犬井楡氏が全エピソードをリライト。
さらに、オーディオブックだけの「スペシャルエピソード」も新規収録しています。
何気ない毎日の中で見せるニジガクメンバーの“心の声”を、キャスト陣の繊細な演技でお楽しみください。



第1弾「中須かすみ」のあらすじ

「かわいいは誰にも負けない!」
いつも、誰よりもかわいくなりたくて、スクールアイドル活動に励んでいるかすみ。
けれど同好会には、他にも魅力的な女の子がいっぱい。
「あんなにかわいい人たちと一緒にやってるなんてすごい!」
――なんて言葉が、クラスメイトからかけられたりも。

そんなある日、ショッピングモールで「一番かわいい自撮りプリンセスコンテスト」が開催されることに。
賞品は、キラキラ輝くティアラ。
“優勝するのは、自分しかいない!”そう意気込み、あれこれ工夫して写真を撮ったかすみでしたが、優勝者の額に飾られたのは知らない子の笑顔で……。

第2弾「近江彼方」のあらすじ

「自分で、自分を甘やかす……?」
ある日、大好きな妹の遥が合宿で家をあけることに。
スクールアイドル活動に励む遥や家族のため、家事にアルバイトにがんばってきた彼方は、この機会にうんと羽を伸ばしてと言われます。

そこで、「自分甘やかしキャンペーン」を行うことに。
ニジガクメンバーと一緒に、スイーツビュッフェでお腹いっぱいになったり、カラオケで歌いまくったり、ショッピングできれいな色のマニキュアを選んだり……仲間と過ごす楽しい時間を満喫!
でもやっぱり思い出しちゃうのは、大好きな遥のことで……。

第3弾「優木せつ菜」のあらすじ

「あふれそうな感謝の気持ちを返したい……でもどうすれば?」
スクールアイドルをしながら、学園では生徒会長としてもがんばっているせつ菜。
他のメンバーからは、両方こなしているなんてすごいと言われるけれど、
今の自分がいるのは周りのみんなのおかげ。

いつかお礼がしたい……そんなことを考えていたある日、
テストでいい点数を取らないとお小遣いが下がってしまうというかすみや、
不安を抱える何人かのメンバーと「勉強会」を行うことに。
“優等生”だった自分が役に立てるかもしれないと考えたせつ菜は、
勉強を通し仲間と楽しい時間を過ごして……。

第4弾「エマ・ヴェルデ」のあらすじ

「同好会のみんなとも、あんな風にパンを食べたいなぁ」
新ベーカリーのオープン初日、先着10名様にお好きなパンを10個プレゼント!
――そんなニュースがエマのもとに舞い込む。
同好会のみんなと一緒においしいパンを食べたいと考えたエマは、
早起きして開店前のパン屋さんに並ぶことに。
しかし、行く先々で困っている人に遭遇!
お手伝いをしている間に、オープンの時間は過ぎ去ってしまい……。

パンも買えず、雨にも降られ、とぼとぼと学生寮に帰ってきたエマ。
そこへ、本を返しに訪ねてきた果林が現れ……。

第5弾「上原歩夢」のあらすじ

「侑ちゃん。大丈夫だよ。私、1人でやってみる!」
子どもの頃からいつもそばにいてくれた幼なじみの侑。
侑の存在は誰より安心できて、彼女の隣は何より心地いい場所。
侑がスクールアイドル同好会でみんなの手伝いをし始め
独り占めできる時間は減ったけれど、
やきもちを焼くばかりだった歩夢の心境にも変化が。

そんなある日、歩夢に「ピンク色をテーマにしたイベント」へ出演依頼が入ります。
侑が用事で不在の中、1人で立たなければいけないステージ。
けれどいつまでも侑に頼ってばかりいられないと、イベントへ出演することに。
しかしリハーサルで失敗してしまい……?

第6弾「天王寺璃奈」のあらすじ

「おーい。はんぺん? どこ?」
感情を表に出すことは苦手だけれど、璃奈ちゃんボードを使って
自分らしく人とコミュニケーションを取れるようになってきた璃奈。
お昼休みに友だちとご飯を食べた。楽しかった――
日々の出来事を、学校の敷地内に住み着いた猫・はんぺんに伝えるのは日課。

そんなはんぺんが、ある日行方知れずに。
近くの公園まで探しに来た璃奈はそこで、小学生たちに
「シロ」と名づけられ飼われそうになっていたはんぺんを見つける。
そ、それはだめ……!
そう思っていても、うまく伝えることができず……。

第7弾「宮下愛」のあらすじ

「ううっ。な、何? やっぱり、ドキドキするんですけど……!?!?」
スクールアイドル活動以外にも、たくさんの部活から助っ人としてお呼びがかかる愛。
充実した毎日を送っていました。

休日、実家のもんじゃ焼き屋を手伝っていた愛は、
顔なじみの近所のおばあちゃんたちとスクールアイドルの話に。
動画を見せると、「今年のお祭りのステージに出てもらいたい」なんて話になったり。
これまでだったらノリノリで計画していたかもしれないことなのに、
なぜか緊張してうまくかわすことができず……。

第8弾「朝香果林」のあらすじ

「負けない。必ず、成長して帰ってくるわ」
スクールアイドル活動と、読者モデル活動――
そのどちらにも手を抜かず、ストイックな毎日を過ごしている果林。
ある日、お世話になっているファッション誌の編集者から、
雑誌の専属モデルたちと一緒に北海道ロケに参加してみないかとオファーが。

「この撮影をきっかけに、本格的にモデルになっちゃうんじゃないですか?」などと
冗談を言うかすみたち同好会メンバーに見送られ、北海道に到着!
プロのモデルたちに混じっての撮影は勉強になる一方ハードで、
1人ホテルに戻ると、弱気になってメンバーに電話したくなったり……。
やがて撮影を終えて東京へと戻った果林を、同好会メンバーは意外な反応で出迎え!?

第9弾「桜坂しずく」のあらすじ

「だから私は、“本当の私”を、心の奥にしまったの」
小さい頃から、昔の映画や小説が好きだったしずく。
もしも自分があの世界の登場人物だったら……と、毎日空想してばかり。
しかし、自分の趣味が周りの友だちにとって理解できないものだと分かってからは、
自分を押し殺して「普通の女の子」を演じてきました。

ある日、『銀河鉄道の夜』から着想を得て絵を描くという学校の課題が話題に。
物語世界の空想にふけり、興奮気味に話し始めてしまうしずく。
私……また……!
変な子だと思われることを恐れ口をつぐむ彼女でしたが、
そんなしずくのことを同好会のメンバーは、“しずくらしい”と評価。
さらに、『銀河鉄道の夜』を通じてとある少女との出会いがあり……。



メンバー紹介

●中須かすみ(CV:相良茉優)
 虹ヶ咲学園の1年生。
 かわいいものが大好きで、負けず嫌いな性格。
 スクールアイドルへの憧れは、人一倍強い。
 コッペパン作りが趣味。

●近江彼方(CV:鬼頭明里)
 虹ヶ咲学園の3年生。
 いつも眠そうにしているけど、
 かわいがっている妹・遥のことになると情熱的!
 料理をするのが得意。

●優木せつ菜(CV:楠木ともり)
 虹ヶ咲学園の2年生。
 元気いっぱいの笑顔と、
 力強いパフォーマンスが
 持ち味のスクールアイドル。
 その正体は、生徒会長の中川菜々。

●エマ・ヴェルデ(CV:指出毬亜)
 虹ヶ咲学園の3年生で、
 スイスからやってきた留学生。
 おっとりマイペースな性格をしており、
 故郷の山や自然を愛する心優しい女の子。

●上原歩夢(CV:大西亜玖璃)
 虹ヶ咲学園の2年生で、
 何事にもコツコツ取り組む努力家。
 かわいいもの好きな一面も。

●天王寺璃奈(CV:田中ちえ美)
 虹ヶ咲学園の1年生。
 感情を顔に出すことが苦手なため
 無愛想に思われがちだが、
 実は心豊かで人懐っこい性格。

●宮下愛(CV:村上奈津実)
 虹ヶ咲学園の2年生。
 運動神経抜群で、さまざまな部活の助っ人もしている。

●朝香果林(CV:久保田未夢)
 虹ヶ咲学園の3年生。
 そのルックスとプロポーションを活かし、
 読者モデルとしても活躍している。

●桜坂しずく(CV:前田佳織里)
 虹ヶ咲学園の1年生で、しっかり者の優等生。
 演劇部とスクールアイドル部を兼部している。



関連リンク

「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」公式サイト

Nアニメ - ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会



© 2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会


© 2021 DWANGO Co., Ltd.