「覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰」ほか、歴史に学ぶ、おすすめビジネス書オーディオブック4選

「覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰」ほか、歴史に学ぶ、おすすめビジネス書オーディオブック4選

「覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰」の概要を、詳しくご紹介します。激動の時代を生きた吉田松陰の哲学とは?そのほか、ビジネスシーンに活かすことが出来る、歴史に関連したビジネスオーディオブックを合わせてご紹介します。

「覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰」など、歴史に学ぶ仕事術

後の総理大臣となる伊藤博文など、幕末におけるキーパーソンを次々と輩出した松下村塾。その松下村塾を設立したのが、幕末の志士として活躍した吉田松陰です。海外の戦略を学ぶために黒船に密航しようとするなど、即実践・即行動をする人物でした。29歳という若さで亡くなりながらも、激動の時代に名を残した吉田松陰。「覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰」は、そんな松陰の名言を集めた本です。今回は、本作の概要を詳しくご紹介するとともに、本書を含む、歴史に学ぶことの出来るビジネス書4選をご紹介します。

audiobook_img
明治維新の立役者、吉田松陰の思想に触れられる名言集
本作は、明治維新において活躍した幕末の武士、吉田松陰の名言を集めた本となっています。吉田松陰といえば、誰もが学ぶことの出来る私塾、松下村塾の設立者として知られています。この松下村塾からは、後の総理大臣となる伊藤博文や、奇兵隊を創設した高杉晋作など、明治維新におけるキーパーソンが多数輩出されました。
吉田松陰は、明治維新で活躍した幕末の志士たちに教えを説くとともに、自らも行動を起こしています。海外との戦になれば、日本の勝ち目はないと思った吉田松陰は、アメリカに学ぶために自らの命を賭して黒船に乗り込み、密航をしようとします
さらに、松陰が若かりし頃、友人と東北旅行をするために通行手形を申請したものの、期日までに発行されないということがありました。そこで松陰は、東北に旅行ををするという目的のために、なんと脱藩をしてしまうのです。当時の脱藩は、死罪にもなり得る思い罪でした。
このように松陰は、思い立ったら即行動・即実践の精神を徹底する人物だったのです。そんな吉田松陰の享年は、29歳。20代で亡くなるまでに、松下村塾を設立するなど多数の功績を残しています。
本書の中には、そんな松陰の生き方に触れられるメッセージがおさめられています。心・士・志・知・友・死という6つの章に分かれた176のメッセージは、きっと毎日の仕事や生活、人生におけるヒントとなるでしょう。
本書におさめられたメッセージをいくつか紹介します。次のメッセージは、即行動をうながすものです。
“やり切るまで手を離すな

たいていの人はまだ序の口で、
いよいよこれからが本番だというときに、
自分の田んぼを放置して、
人の田んぼの雑草を取りたがるのです。
人の田んぼの雑草を取るというのなら、
まだいい方かもしれません。
一番多いのは、人が懸命に草を取っている姿を傍観して、
その取り方がいいとか悪いとか、批評ばかりしている人です。
まずは自分が今いるところからはじめましょう。
人生の喜びを十分に味わるために。”

また、毎日の仕事の中で、組織から理不尽な仕打ちを受けた、と感じる人も多いかと思います。そんな人に対しては、このようなメッセージが綴られています。
“流れを変えるのは自分の行動

幸福とか不幸というものは、
天から無差別に降ってくるものではなく、
すべて自分の方から求めているものなんです。

そのことを思い出すことができれば、
他人のせいにしたり、
組織のあり方に腹を立てたりすることなく
「自分の行動を変えよう」
という発想に行き着くことができるはずです。”

激動の歴史の中で、明治維新の志士として戦った松陰のことばだからこそ、胸に響くものがあるのではないでしょうか。
おさめられたメッセージは、さくっと聴ける短いものになっています。通勤時間など、移動中の時間を使って聴くのにも適したオーディオブックです。
やりたいことはあるけれど、なかなか一歩が踏み出せない。会社で働いている中で、もやもやとした不満を感じているなど、誰かに背中を押して欲しいビジネスパーソンに、是非聴いてほしい一冊です。
  • 著者:池田貴将
  • ナレーター:サカウエ稔
  • 再生時間:02:18:41

audiobook_img
吉田松陰が師事した儒学者、佐藤一斎が残した人生の教え
本書は、江戸末期に活躍した儒学者、佐藤一斎の箴言(しんげん)の中から、現代にも役立つメッセージを集め、現代語訳に訳した本となっています。深い洞察に富んだメッセージは、指導者のためのバイブルと言われ、今に読み継がれています。
一般的には知名度が低い佐藤一斎ですが、当時は儒学者として若者たちから絶大な人気を得ていました。門下生には、吉田松陰や伊藤博文、佐久間象山や勝海舟など、そうそうたる顔ぶれが並びます。
吉田松陰が松下村塾を作り、明治維新で活躍した志士たちを世に送り出したことは有名ですが、佐藤一斎は、その松陰の師となる人物なのです。さらに、ペリーが来航した際には、日米和親条約の外交文書にも係わっており、明治維新に続く、日本の近代化のために活動をした立役者でもあります。
佐藤一斎が書き残した箴言(しんげん)は、「言志録」・「言志後録」・「言志晩録」・「言志耋録」の4篇1133条に渡っており、その中から現代にも通じるメッセージを抜き出して再編しています。
例えば、本書で紹介されていることばに、こんなものがあります。
“立志の効は、恥を知るを以て要と為す。
志を立てて成功するには、恥をかくことが肝心である。
何かを試みようと思えば、失敗はつきものです。特に若い世代は、何度失敗してもやり直しが効きます。志を立てて、何かを成し遂げようとするときは、失敗は恐れてはいけないというメッセージです。

さらに、大きな目標をかかげた際にも、小さな事柄こそが大事だという教えも書かれています。
“真に大志有る者は、克く小物を勤め、真に遠慮有る者は、細事を忽(ゆるがせ)にせず。
真の大志ある者は、小さな事柄もおろそかにしないでよく勤め、真に遠大な志のある者は、些細なことでもゆるがせにしない。
大きな目標がある人こそ、目の前の小さな事柄もおろそかにせずに取り組んでいる、というメッセージです。仕事においても、目の前の目標を達成しようと思うあまり、ひとつひとつの取り組みが雑になってはいないでしょうか。目標が高ければ高いほど、目の前のことに真摯に取り組む必要があるのです。
このように、毎日の仕事の糧となるメッセージのほか、部下をどうマネジメントするべきかなど、指導者に役立つ教えも書かれています。
仕事や生活に取り組む際の心がまえを持つために、是非聴いておきたい本です。フレーズごとに現代語訳の解説がつくため、移動中の隙間時間にも聴ける、ライトな内容となっています。
  • 著者:佐藤一斎,岬龍一郎
  • ナレーター:鬼塚啓之進
  • 再生時間:06:00:20

audiobook_img
坂本竜馬の人生を、物語形式で振り返る
本書は、幕末の志士、坂本龍馬の生涯を物語仕立てで描いたものです。坂本龍馬といえば、薩摩藩の西郷隆盛の支援を受けて、日本初の株式会社、亀山社中(のちの海援隊)を設立したことで知られています。亀山社中は、グラバー商会を相手に武器の取引を行っていた日本最古の商社でもあります。
しかし、明治維新における坂本龍馬の最大の実績といえば、薩長同盟を締結させたことでしょう。当時敬遠の仲であった薩摩藩、長州藩が手を組まなければ、倒幕は成しえませんでした。両方の藩を有効な関係を築いていた龍馬だからこそ出来た偉業です。
このように龍馬の実績を見ていくと、いかに人脈を作った上でリーダーシップを発揮してきたかということが、分かります。会社を興すにしても、犬猿の仲であった薩摩と長州の仲を取り持つにしても、着実に人脈を築いてリーダーシップを持っていたからこそ、実現しているのです。
本書を聴けば、坂本龍馬の幼少期からの生涯を物語形式で追いながら、リーダーシップを身に着けるためのヒントを得られるでしょう。一般のビジネス本に比べて、物語調で読みやすくなっているので、ライトに聴けるオーディオブックとなっています。
  • 著者:歴史研究会
  • ナレーター:沖田千代子
  • 再生時間:02:21:41

audiobook_img
2500年を経ても色褪せない、ビジネスパーソン必見の戦略指南書
本書は、古代ギリシャから湾岸戦争まで過去3000年の歴史を振り返り、そこから抽出した勝者の戦略32個をまとめた本です。ここで紹介される戦略は、「戦略思考」「逆転力」「実行力」 「競争戦略」「リーダーシップ」「組織運営」「情報活用力」 「イノベーション」「学習力」と9つのカテゴリに分かれており、今日のビジネスシーンに活かすことの出来るエッセンスが詰まっています。
例えば、古代の戦いからは戦略思考を学ぶことが出来ます。戦いにおいて自らの強みを持っていたとしても、それを活用出来なければ勝つことは出来ません。強みを活かせる状況を作るにはどうしたら良いか、ペルシャ戦争を率いた軍人、テミストクレスの戦略に学びます。
このほかにも、本書には“選択と集中戦略”や“市場差別化戦略”など、歴史上の戦いを解説しながら、ビジネスシーンでどう立ち回るべきかの戦略に落とし込んだ説明がされています。
歴史書としても、ビジネス書としても二重に楽しめるので、戦略思考を身に着けたいという人に特におすすめです。
また、著者の鈴木博毅氏は歴史書を分かりやすく紐解きながら、現代のビジネスシーンに役立つ本を多数出版しています。戦略論といえば日本国軍の敗戦の理由を分析した「失敗の本質」が有名ですが、難解であることで知られています。こちらを分かりやすく解説した「超」入門 失敗の本質は、14万部を超えるベストセラーとなっています。興味がある人は、こちらも合わせて聴いてみると良いでしょう。

  

  • 著者:鈴木博毅
  • ナレーター:山田晴久
  • 再生時間:05:43:27

「覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰」ほか、歴史に学べるおすすめビジネス書オーディオブック4選

今回は「覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰」ほか、歴史に学ぶことの出来る、ビジネス書4選をご紹介しました。
吉田松陰も儒学者、佐藤一斎も、自分をかえりみながら、実行に移していくことが重要だと説いています。偉人の教えを振り返りながら、明日自分がどういう行動をしていくか、具体的に考えてみると良いかもしれません。
また、今回ご紹介した以外にも、多数のビジネス書オーディオブックがあります。気になる人は、下記もチェックしてみましょう。
おすすめビジネスオーディオブック~若手ビジネスパーソンから管理職まで~


歴史と戦争
著者:半藤一利
ナレーター:西村不二人
再生時間:05:07:00
なぜ日本は変われないのか 日本型民主主義の構造
著者:山本七平
ナレーター:佐々木健
再生時間:06:41:01
人をあるく 西郷隆盛と薩摩
著者:松尾千歳
ナレーター:雨宮正武
再生時間:05:22:47
歴史をつかむ技法
著者:山本博文
ナレーター:田邉安彦
再生時間:06:57:16
お金の流れでわかる世界の歴史
著者:大村 大次郎
ナレーター:広瀬 竜一
再生時間:05:48:20
知略を養う 戦争と外交の世界史
著者:出口治明
ナレーター:長塚コト けんぞう 田所未来
再生時間:10:19:34

さっそく「ListenGo(リスンゴ)」で聴こう

こちらでご紹介したオーディオブックは、すべて「ListenGo」で聴くことが出来ます。 まず初めにアカウントを作成するといったかんたんな手続きが必要になりますので、やり方をご紹介します。

オーディオブックとは?

ナレーターや声優が朗読した本を、聴く読書のことです。臨場感たっぷりの朗読で、本の内容をじっくりと楽しむことが出来ます。

会員登録(ログイン)

ここからメールアドレスとパスワードを入力して、ログインします。

有料会員登録(サブスクリプション)

ログインができたら次は有料会員登録です。 自身にあったお好みのコースを選び、支払いをするとオーディオブック購入準備は完了です!

オーディオブックを購入

有料会員登録が終わればあとはおすすめの本やお好みの本を購入するのみ! 購入したオーディオブックは、パソコンからでも、iPhoneやAndroidスマートフォンどちらでも再生できます。 家でまったり聴くのも、通勤中にイヤホンで聴いたり、運動中のルーティンに追加しても読書が楽しめます。 もちろん、姉妹サイトから音楽ダウンロードを楽しむことも♪


© 2021 DWANGO Co., Ltd.