社会的ひきこもり―終わらない思春期

著者:

ナレーター:

再生時間:

05:37:18

チャプター数:

19

図表の数:

4

出版社:

PHP研究所

作品紹介

1998年の出版から15年以上読み継がれる、約100万人とも言われる「ひきこもり」の実態に迫ったベストセラーが登場。 「ひきこもり」は精神の病なのか、それとも社会問題なのか。 長年「ひきこもり」の青少年の治療に携わり、多くの事例に触れてきた第一人者が、その実態と対応策を紹介します。 この現代的な問題について理解を深めるとともに、あなたの身近な誰かを理解するためにも役立つ作品です。 あなたのまわりに、自宅で外の世界と交わりを持たずに生活している「ひきこもり」状態の人はいませんか。 また、あなたはそのような人に対してどのような感情を抱くでしょうか。 「ひきこもり」が長期化すると、様々な病気の温床となりやすいのですが、 参考文献も少なく、議論も活発でないために、実態の理解や症状の解決が遅れているのが現状です。 精神科医としてひきこもりの青少年たちと深く関わり、多くの事例を経験してきた第一人者である著者は、 この現状に非常に危機感を抱いています。 本作品では、「ひきこもり」について詳しく知らない方のために、この症状を理解するための考え方や対処法を丁寧に紹介します。 あなたの「ひきこもり」の人々への理解は大いに深まることでしょう。 そして実際に「ひきこもり」にどう向き合えば良いのか、様々なケースに基づいた対処法も紹介。 あなたの身近な人がもし「ひきこもり」の状態にあるならば、その解決や理解のためにも大いに役立つでしょう。 非常に現代的で誰にとっても身近な問題である「ひきこもり」。 この機会にその実態を正しく見つめ、あなたの考えを深めてみませんか。

カテゴリ

一般知識・教養
心理学
社会

© 2021 DWANGO Co., Ltd.