死ぬ理由、生きる理由 -英霊の渇く島に問う-

ナレーター:

再生時間:

07:42:05

チャプター数:

23

図表の数:

38

作品紹介

★著者・青山繁晴氏が硫黄島への思いを語る、約27分の特別メッセージ音源を収録!◆ Amazon評価4.9、エネルギー安全保障や外交・安全保障の専門家である青山繁晴氏による、 現代を生きる日本人に向けた話題作がオーディオブック化! 今を生きる私たちが知っておかなければいけない硫黄島の真実を伝える、著者・青山氏にとっても特別な1作。 「にっぽん丸」で実際に行われた講演の内容を完全収録した本作品を通して、 あなたも、日本人なら必ず知っておくべき硫黄島からのメッセージを受け取りませんか? 私たちは硫黄島についてどこまで知っているでしょうか? 第二次世界大戦、最も酷い肉断戦が戦われた島であり、 現代では民間人の立ち入りは禁止されています。 本作品は、その島に、2006年に民間人として初めて上陸した青山繁晴氏が、 長年伝えたかった思いを「にっぽん丸の小笠原・硫黄島クルーズ」船上連続講演会で語った模様を 完全収録した、数多くの著書を持つ青山氏にとっても特別な1本です。 本作品は、私たちへの真摯な問いかけから始まります。 どんなに勉強して良い大学へ行っても、いずれ死ぬ。 望む就職をして、仕事で成功をおさめても、いずれ死ぬ。 では、なぜ生きるのか? その正確な答えはわかりません。 しかし、戦争の時代を生きた人々の思い、硫黄島でおこった歴史を、 本作品を通して肌で感じることで、きっと私たちは生きるヒントを汲みとることができるでしょう。 青山先生の講演は、「一緒に考え始めましょう。」がモットー。 祖国日本の主人公は今を生きる私たちです。 本作品を聴いて、私たちはどう生きていくか、一緒に考えてみませんか?

カテゴリ

ノンフィクション
日本史

© 2021 DWANGO Co., Ltd.