「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方

ナレーター:

再生時間:

05:33:46

チャプター数:

17

図表の数:

0

出版社:

英治出版

作品紹介

多くのメディアから様々な賞を受賞し、ニューズウィーク誌「世界を変える社会起業家100人」に選ばれた注目の経営者初の著書がついにオーディオブック化! 「こうなったらいいのに」と思う一人一人のアクションが、社会を変える! 病児保育の闇に挑む社会起業家のリアル・ストーリーから、 社会に働きかける仕事の意義や、自分の生き方を深く見つめ直せる1冊です。 皆さまは、「病児保育」という社会問題があることをご存じでしょうか。 日本の保育所の数は約30,000件。対して、病児保育施設の数は約500件。 わが子が病気になったとき、通常の保育施設では面倒を見てもらえません。 「仕事もあるけれど、子どもの看病はどうしても自分がしなくてはならない。」 そんな状況で会社を休まざるを得なくなる方、 また、場合によっては会社を辞めることになってしまう方もいるといいます。 こうした働く親御さんの悩みに、 そして日本の病児保育の闇に一石を投じたのが、NPO法人「フローレンス」です。 全国に先駆けて、全く新しい「地域密着型」病児保育事業を展開している このNPOの代表である著者は、事業を立ち上げた当初、20代で独身でした。 自身が抱いた思い、実際に困っている人がいる事実を知ったショックをきっかけに、 ITベンチャーの社長という肩書きを捨てて、病児保育事業を始めた著者が、 何を思い、どのようにして事業を作り上げてきたのか。 本書には、「世界を変える社会起業家100人」にも選ばれた若手経営者の思いと 様々な出来事を乗り越えて事業を形作り、軌道に乗せるまでの道のりが記されています。 私たちの暮らす社会には未だ、行政や企業だけではカバーしきれない大きな課題が山積しています。 このような社会の闇を照らし、変えていけるのは一人一人の小さなアクションかもしれません。 あなたの仕事、あなたが心に抱いている小さな思いが、 多くの人を喜ばせる新しいサービスを作り、社会を変えるきっかけになるのです。 生き方について、仕事について、じっくりと自分を振り返るきっかけを与えてくれる1冊。 本書をお読みいただくことで、明日も前に進んでいける力が湧いてくることでしょう。 ※本オーディオブックの収益の一部は、NPO法人フローレンスの活動支援に充てられます。

カテゴリ

生き方・人生論

© 2021 DWANGO Co., Ltd.