悪魔のサイクル(2013年新装版) 日本人のよりかかり的思考

ナレーター:

再生時間:

06:06:48

チャプター数:

17

図表の数:

0

作品紹介

Amazon評価4.8!日本の企業社会への違和感を的確に指摘した大前研一氏の処女作が遂に登場! 大前氏が日立製作所に勤務時代、周囲の人に「諭された」際に感じた日本の企業社会への違和感を綴る、 日本企業や日本人の特質が見えてくる1本です。 既に同質な人たちの中で活動している私たち自身では気づきにくい「日本人」という切り口で、 組織の課題の本質を語る本作品を手掛かりに、組織を変え、人を動かすための具体的方法を見つけ出しましょう。 いまや国境を超えた競争時代に突入しているビジネスの世界で成功するためには、 一人ひとりが独創性とチャレンジ精神を獲得する必要がある。 本作は、大前氏のそんな熱いメッセージが込められた作品です。 日本の企業社会において、「前へならえ」「ほどほどに」 「丸くおさめよ」「常識的に」「おなじ釜の飯を食った仲間じゃないか」といった具合に、 何かと周りとの「同化」を求められる場面が少なくありません。 また、そのような状況に窮屈さを感じている方もいらっしゃるかもしれません。 そんな方がこの作品を聴けば、「日本企業」や「日本人」の特質が分かるだけでなく、 そのような環境のなかで、どうすれば自分の独創性やチャレンジ精神をうまく生かしながら 働くことができるのかについて、多くのヒントを得られることでしょう。 あなたの組織でおきていることは、他の組織でも同じように起きている問題かもしれません。 その問題の本質に迫り、より日本人の組織について理解を深めることで、 新たな突破口が見えてくることでしょう。 人を変え、組織を変える手がかりを、私たち自身では気づきにくい「日本人」という切り口で 的確にアドバイスする本作品を手掛かりにして、組織変革や成長する組織の構築にご活用ください。

カテゴリ

キャリア・マネジメント

© 2021 DWANGO Co., Ltd.