競争戦略論

ナレーター:

再生時間:

09:22:57

チャプター数:

26

図表の数:

24

作品紹介

気鋭の経営学者が、ポジショニングや資源など、経営戦略の理論を実践事例に基づいて、平易な表現でわかりやすく解説した入門書。今日の日本企業が抱える問題とその解決策、そして普遍的な経営理論が見えてきます。経営戦略とは、どう具体的に役立てていけばよいか?利益率を上げる条件とは一体何か?同じ業種なのに、なぜあの会社の方が業績がいいのか?そういった問いを巡って展開されてきた経営戦略を、なるべく分かりやすく形で整理したのが本書の特徴になっている。例えば、利益率を上げる条件とは1.企業の製品やサービスが顧客に受け入れられる。(その製品の成長性などが受け入れられる)2.その製品やサービスによって実現させる成果の多くを、その企業が獲得する。(つまり、他社などに収奪されない様に利益を獲得する)というのが利益率が上がる条件などである。例えば1の場合だが、顧客にその企業の産業は受け入れられていることになるが、2を満たしていない場合、自社製品の購買に直結しているとは限らない。4、5年ほど前はインターネット産業がとても話題になったが、その理由はまさに1の示す受け入れられる可能性が高く、成長性もある分野という理由で、参入した企業は少なくないだろう。だが、その分2の条件を満たすことが難しくなるのも避けられない。簡単に言うと、真似をされれば利益率が他社にも渡り、真似をされなければ利益率は殆ど自社が獲得できるという考え方である。このように理論的な経営戦略が及ぼす、現実に生じる物事を、今一度考えてみてほしい。

カテゴリ

キャリア・マネジメント
マーケティング・セールス

© 2021 DWANGO Co., Ltd.