「あの世」と「この世」をつなぐ お別れの作法

ナレーター:

再生時間:

04:59:29

チャプター数:

13

図表の数:

0

作品紹介

Amazon4.9の高評価!矢作直樹著『「あの世」と「この世」をつなぐお別れの作法』がオーディオブック化! 「死は終わりではない」と考えることで、逝く人にも送る人にも、なすべき大事なことが見えてくる一作です。 東京大学大学院医学系研究科救急医学分野教授であり、医師として多くの生と死を目にしてきた矢作直樹氏が、 死後の世界の存在に思いをはせながら、「あの世」と「この世」の懸け橋となる死の受け入れ方、送り方をお伝えします。 死は人生の終わりであり不幸なものだと思われていますが、 それは果たして正しいのでしょうか。 もちろん、別れは寂しく、喜ばしいものではありません。 でも、死後の世界があるなら、魂は死なないのであれば、私たちの祈りは、大切な人に届くかもしれません。 人は必ず死にます。でもそれはあくまでも肉体が死ぬのであり、 輪廻転生の中で魂は生き続ける、と矢作氏は語っています。 そう考えると、逝く人にも送る人にも、作法というものがあると思えてきます。 大切な人だからこそ、伝えなければならないこと、つながっているべきことが、沢山あるのです。 死というものを遠いもの、自分にはまだあまり関係のないものだと思っている方こそ、この作品に触れ、 大切な人たちに何を伝えるべきか、どのような準備をすべきか、ぜひ一度考えてみてください。 そうすることで、あなたの周りの人々やこれまでの出来事、今の暮らしが、 より愛おしく大切に感じられることでしょう。 自身の人生という舞台のラストシーンを考え、どのような最期を迎えたいかを考えることは、 すなわち、どう生きたいかを考え、人生に真剣に向き合うことでもあります。 多くの人の「お別れ」の現場に立ち会い、生と死について深い考察を重ねてきた矢作氏の言葉を通して、 死とどのように向き合い、今をどのように生きていくのかをじっくりと考えてみませんか?

カテゴリ

生き方・人生論
心理学

© 2021 DWANGO Co., Ltd.