デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論

ナレーター:

再生時間:

07:22:09

チャプター数:

21

図表の数:

64

作品紹介

ベストセラー『新・観光立国論』の著者、30年間の集大成がついに刊行。 日本はいま、潜在能力をまったく活かせない「日本病」に陥っている。 その原因を特定し、「あたりまえの政策」を実行するだけで、 【平均年収2倍】【GDP1.5倍(770兆円)】が可能になる! データに基づく客観的な分析で解説する、日本に輝かしい未来をもたらす方法とは? ■潜在能力が活かされていない日本 ・日本は「GDP世界第3位」の経済大国 →1人あたりGDPは世界第27位 ・日本は「輸出額世界第4位」の輸出大国 →1人あたり輸出額は世界第44位 ・日本は「研究開発費世界第3位」の科学技術大国 →1人あたり研究開発費は世界第10位 ・日本は「ノーベル賞受賞者数世界第7位」の文化大国 →1人あたりノーベル賞受賞者数は世界第39位 ■潜在能力を活かせば、日本はこうなる ・平均給与は男性が1.6倍、女性が2.7倍に。全体では約2倍に拡大 ・GDPは1.5倍の770兆円に ・貧困問題、国の借金の問題、社会保障費問題も解決する ■筆者のコメント 皆さんが学校でこんなに熱心に勉強して、塾にも通って、就職してからも毎日長い時間を会社で過ごし、 有給休暇もほとんど消化せず、一所懸命働いているのに、「生産性は世界第27位」と言われて、悔しくないですか。 先進国最下位の生産性と言われて、悔しくないですか。 こんなにも教育水準が高い国で、世界の科学技術を牽引するだけの潜在能力がありながら、 1人あたりのノーベル賞受賞数が世界で第39位というのは、悔しくないですか。 「ものづくり大国」を名乗りながら、1人あたり輸出額は世界第44位と言われて、悔しくないですか。 私は、悔しいです。日本は、この程度の国ではありません。 日本の実績を「この程度」に押しとどめている原因を特定し、改革を実行すれば、日本は必ずや、劇的な復活を果たせるはずです。 本書がその一助となれば、筆者としてこれほど嬉しいことはありません。

カテゴリ

マネー
社会

© 2021 DWANGO Co., Ltd.