長生きにこだわらない 最後の日まで幸福に生きたいあなたへ

ナレーター:

再生時間:

02:47:50

チャプター数:

6

図表の数:

2

出版社:

文響社

作品紹介

東大病院救急医療の現場で、人間の生と死を見つめてきた医師が、 「人生100年時代」を迎える日本人に伝えたいこと 「人生100年時代」と言われても、自分の寿命がいつ尽きるかはわからない。 逆算して、余計な心配や計画をしたりせずに、「今」を楽しむ。 最後の日まで、自分の体で幸せに暮らせるために、 元気なうちから心がけたい衣食住のコツと心構え。 ★矢作先生の普段の食事メニューと  毎日やっている簡単な体操をカラー写真で紹介★ ●私たちの本当の定年は「命日」である ●役割を自分で考えるステージに立つ ●暇だと思ったら、近所の掃除をする ●「肩書症候群」には「忙しさ」が効く ●定年は会社が決めても、引退は自分で決めればいい ●ちょっと不便な生活を楽しむ ●「勝手にやってもらう」に慣れない ●「笑い」と「ワクワク」を日常にちりばめる ●息切れする運動を頑張らなくてもいい ●家事は体を動かす絶好のチャンス ●「ながらストレッチ」を楽しむ ●薬に頼りすぎると免疫力が弱くなる ●体のあら探しはしない   ●「良い数値」は人によって違う   ●がんは「気づきを与える病」と言う人もいる ●医学に対して、否定も依存もしない ●孤独死は悲しい最期ではない  ●独居で死を迎えるための準備   ●安心して一人で死ぬための支援はたくさんある   ●「平穏死」を目指す   ●お墓を手放すという提案   ●ピンピンコロリには努力が必要  ●自分の寿命を受け入れ、人生に感謝する 13万部のベストセラー『自分を休ませる練習』の著者、矢作直樹先生による最新刊!

カテゴリ

エッセイ・随筆
生き方・人生論

© 2021 DWANGO Co., Ltd.