内臓脂肪がストンと落ちる食事術

ナレーター:

再生時間:

04:27:36

チャプター数:

14

図表の数:

6

作品紹介

朝食抜き、1日2食の半日断食で 誰でも1週間で2~3㎏ストンと落ちる! ◎しっかり食べても太らない! 内臓脂肪を劇的に減らす方法がわかる ☆カロリー制限はしなくてOK ☆糖質を減らすだけ ☆脂質は摂っても太らない ☆1日3食は正しくない ☆果物・野菜ジュースはキケン ◎医学的に正しい体重の落とし方 まるで“浮き輪"のようなお腹まわり……このポッコリお腹をなんとか凹ませたい。 でも、「あんまり頑張らずに」ってのが人情ですよね。 運動すれば痩せるのはわかってる。 けれど、それができない、やりたくないんですよね。 わかってます、わかってますとも! その体脂肪、運動ナシで落とす方法を教えましょう。 ひもじくなるようなカロリー制限はナシ。 腹いっぱい食べていいし、筋トレもジョギングもしなくていいです。 糖質制限と1日2食のいわば“半日断食"の組み合わせで、 最初の1週間で3kgくらい体重がストンと落ちて、 その後、適正体重になったところで体重をキープ。 ポッコリお腹は、気づけばみごとに凹んでしまいます。 そんなうれしい食事術を、自ら20年近く実践しているDr.江部が伝授します。 ◎糖質を減らすだけ ひと言で体脂肪といっても、大きく分けて「皮下脂肪」と「内臓脂肪」があります。 このうち、お腹まわりをシェイプアップするためのポイントは、内臓脂肪のほう。 お金にたとえると、皮下脂肪は簡単にはおろせない「定期預金」、 内臓脂肪はすぐにとり出せる「貯金箱」に入ったお金のようなもの。 だから、落ちやすい内臓脂肪がシェイプアップの鍵になるわけです。 それに、内臓脂肪が増えると、 生活習慣病のリスクが高まるので健康面でもよくないのです。 「運動なんて、まっぴらごめん! 」それでも構いません。 この本でポッコリお腹にサヨナラを!

カテゴリ

一般知識・教養
健康

© 2021 DWANGO Co., Ltd.