逆説の日本史〈7〉中世王権編 太平記と南北朝の謎

ナレーター:

再生時間:

12:21:39

チャプター数:

48

図表の数:

11

出版社:

小学館

作品紹介

★第7巻も、巻末に著者・井沢元彦氏によるミニ講義を収録!★ 累計500万部突破の、大人気歴史ノンフィクションシリーズから 足利義満「天皇家乗っ取り」の陰謀を暴く第7巻! なぜ戦乱記を『太平記』と呼ぶのか? 日本歴史史上、天皇という王権がこれほどまでに激震した時代があったろうか。 王権をめぐって天皇家と、武力をもってのし上がった足利氏との争乱には多くの謎が秘められていた。 たとえば、なぜ戦乱の記を『太平記』と呼ぶのか? 「天皇家乗っ取り」目前に急死した足利義満は暗殺されたのか? その義満の野望を、金閣寺の奇妙な三層構造から解読するという 大胆な手法を駆使した著者会心の歴史ノンフィクション。

カテゴリ

日本史

© 2021 DWANGO Co., Ltd.