悪名の棺―笹川良一伝

ナレーター:

再生時間:

11:49:56

チャプター数:

31

図表の数:

0

出版社:

幻冬舎

作品紹介

日本の権力、そして組織構造の中身が透けて見えてしまうような一本。政財界の黒幕、日本の首領(ドン)とまで呼ばれた政治家・笹川良一氏。現日本財団の会長も務めた彼だが、怖い人・危ない人という悪評も絶えない―そんな笹川氏の知られざる素顔は、日本社会について、そして人生について考えるきっかけとなるでしょう。笹川良一は、右翼、また政財界の黒幕としても扱われ、「日本の首領(ドン)」とまで呼ばれた大物政治家である。自身で「私は世界で一番金持ちのファシストである」と語る一方、現在の日本財団を創設するなど社会活動にも奔走し、「社会奉仕活動に熱心なお爺さん」というイメージも強い。悪い噂も絶えないが、その人生のスケールの壮大さゆえ、本当の「笹川良一」を知ることは困難となっている。世間一般に知られる「笹川良一像」は、一体本当の彼なのか?その「悪名」の裏側にある素顔の笹川良一を浮き上がらせるべく、著者が禁断の棺を開けた・・・あまりにも壮絶なその人生から、社会を、そして自分自身の人生を考えるヒントにもなる重厚な一本。あなたも棺を開け、生身の笹川良一に、触れてみてください。

カテゴリ

ノンフィクション
生き方・人生論

© 2021 DWANGO Co., Ltd.