「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方

ナレーター:

再生時間:

05:30:42

チャプター数:

15

図表の数:

0

作品紹介

30万部を超えるベストセラーとなった前作に続く「部下篇」が登場! ザ・ボディショップやスターバックスのCEOも務めた著者が、かつて部下だった経験と、企業トップとなった経験から語る、 「引き上げたい」「まかせたい」と思う部下になるための方法とは? 誰にでもきっと手が届く、理想の部下になるための51の考え方を身につければ、あなたの未来が拓けてきます。 「上司となんだかウマが合わない」 「報・連・相の仕方がよくわからない」 「仕事がうまく回っていない気がする。上司をコントロールして、もっと上手に仕事ができないだろうか」 職場で毎日同じ上司と顔を合わせながら、このように思っている方は多いのではないでしょうか。 どうしたら自分と上司の関係を変え、仕事とプライベートを充実させて生き生きと働けるようになるか、 長いこと思い悩んでいる方もいらっしゃるかも知れません。 今はうまくいっていないけれど、部下として自分を高め、さらに上を目指したい。 そんな思いを抱いているあなたにこそお聴きいただきたい作品が登場しました。 本書の著者は、日産自動車に新卒で入社した後、アメリカでMBAを取得し、 ザ・ボディショップやスターバックスのCEOなどを歴任した岩田松雄氏。 そして本書は、30万部を突破したベストセラー 『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』に続く「部下篇」として、 より良い部下として上司と良好な関係を築き、 そしてその先に進むために必要となる考え方を、自身の経験をもとにまとめた1冊です。 部下として苦労した経験も、リーダーとして試行錯誤を重ねた経験も持っている著者だからこそ語れる、 小さなことから積み重ねて自分自身を成長させるための方法が詰まっている本書は、 あなたの悩みやもどかしい思いを理解しつつ、その先に進ませてくれるあたたかなアドバイスに満ちています。 「上司の説得は、「事実」の積み上げで行う」 「上司が持っていない情報を、意識してみる」 「“過剰サービス”から削って必要なレベルにしていく」 など、本書から様々な気づきを得て、毎日の行動を変えていくことができるようになることでしょう。 リーダーは部下を知ることが大切であり、 部下にはもちろん、上司であるリーダーとの関係を良好にする必要があります。 どちらもよく知っている、多くの経験を持つ著者の言葉は、 様々な悩みを抱えるあなたの辿るべき道を的確に示してくれることでしょう。 本書とともに、上司に信頼され、思う存分力を発揮することができる日々を目指して取り組んでみませんか?

カテゴリ

キャリア・マネジメント
成功術

© 2021 DWANGO Co., Ltd.