wisの髙樹のぶ子1-「湖底の森/午後のメロン」

再生時間:

01:33:07

チャプター数:

5

図表の数:

0

出版社:

響林社

作品紹介

現代小説の名手、高樹のぶ子の短編の名作を2編。「湖底の森」は、母久美を拒絶できない自分を葬るように然別湖の旅館の主になった吉岡が主人公。火山の噴火に堰き止められ特別な進化を遂げた湖には、今も深い「湖底の森」が広がる。海に帰れなくなったオショロコマと、吉岡。その湖に生きる宿命(さだめ)とは…。「午後のメロン」では、母の死をきっかけに雪子の遠い記憶が蘇る。初恋だった担任の先生、校庭での事故、治療、薬、先生の訪問――。 遠い"午後の記憶"が、一本のネッカチーフに手繰り寄せられて行く・・・。

カテゴリ

現代文学

スタッフのおすすめ

© 2021 DWANGO Co., Ltd.