道化の華

道化の華
道化の華

著者:

ナレーター:

再生時間:

02:25:59

チャプター数:

1

図表の数:

0

出版社:

青空文庫

作品紹介

1935年に発表された太宰治初期の作品。 話のベースは太宰が1930年、太宰治が起こした心中事件とされており、この事件では心中相手の女給だけ死亡したため、太宰は自殺幇助の容疑で取り調べを受けている。主人公の大庭葉蔵は、太宰の代表作「人間失格」と同姓同名。作品では、葉蔵と、友人の飛騨、親戚の小菅、看護婦の眞野との生活が描かれる。

1929年12月、大庭葉蔵は、園という女性と心中未遂事件を起こす。 袂ヶ浦に一緒に身を投げたが葉蔵だけが生き残り、結核療養所「青松園」に収容されることになった。 中学時代からの友人・飛騨、葉蔵の親戚でもある年下の友人・小菅が「青松園」に駆けつける。 無事を確認した2人は、病室を離れ、葉蔵の担当看護婦・眞野と、葉蔵がなぜ心中を図ったのかについて議論する。

*文中に、現代の社会通念や人権意識において不当・不適切な表現や語句、差別的表現が見られる場合がありますが、創作された当時の時代的背景などを鑑み、また原文を尊重する意味も含め、そのまま朗読しています。

カテゴリ

名作文学

スタッフのおすすめ

© 2021 DWANGO Co., Ltd.