wisの中野孝次_1「ハラスのいた日々」ー愛犬ハラスの記憶

再生時間:

06:24:41

チャプター数:

24

図表の数:

0

出版社:

響林社

作品紹介

著者が47歳の時、横浜の洋光台に移り住んだ際、義妹からお祝いにもらったのが柴犬のハラスだった。最初は運動不足解消のための散歩用という軽い気持ちだったのだが、その愛らしさに夫妻の生活はハラスを中心に回るようになる。ともに過ごした13年の間に大事件が起こる。志賀高原のスキー場で、行き違いからハラスが行方不明になってしまい必死に捜索する4日間の深い困惑と苦悩。近所の紀州犬に腹を噛まれて重傷を負った話。悪性腫瘍にかかって衰弱していきやがて死を迎えるまでの記録・・・いずれも、ハラスとの深い心の絆を感じさせる。中野は、「私の半生において、愛という感情をこれほどまでに無拘束に全面的に注いだ相手はいない」と書いている。

カテゴリ

現代文学

スタッフのおすすめ

© 2021 DWANGO Co., Ltd.