wisの夏目漱石3「吾輩は猫である」総集編第3巻

再生時間:

05:46:20

チャプター数:

22

図表の数:

0

出版社:

響林社

作品紹介

「吾輩は猫である」の七~九の三章を朗読。 「七」では、吾輩の近頃の運動を紹介する。鎌首をもたげるかまきりを相手にからかったり、蝉を取ったり・・・。続いて、人間どもの衣服を競う様を馬鹿にする。 「八」では、苦沙弥先生宅の北面に隣接する落雲館中学の生徒たちとの攻防を描く。「九」では、まず先生の痘痕面の由縁を説明し、鏡を見ながら長く伸ばした髪を分け、髭の手入れをする様子、趣旨不明の難解な手紙は、意味深長な哲理を反映したものとして有難がる様子、迷亭の静岡の伯父の老人とのどぎまぎしたやりとりなど。する。やがて、巡査がやってきて、いつぞやの山芋泥棒を連れてきた。

カテゴリ

名作文学

スタッフのおすすめ

© 2021 DWANGO Co., Ltd.