オーディオブック聴くならドワンゴジェイピー!


ログイン / アカウント作成

源氏物語 第一帖 桐壺

源氏物語 第一帖 桐壺

著者:

紫式部,

ナレーター:

再生時間:

00:58:31

チャプター数:

5

図表の数:

0

作品紹介

近代で最初に『源氏物語』を訳した与謝野晶子は、それぞれの帖の冒頭に、その帖の内容をふまえた歌を一首詠んでいます。その晶子の歌もすべて収録しています。

第一帖 桐壺 光源氏 一~十二歳 主な登場人物 桐壺更衣、藤壺

紫のかがやく花と日の光 思ひあはざることわりもなし

時の帝桐壺は、それほど身分の高くない桐壺更衣を寵愛し、二人の間には輝くような美しい皇子が生まれた。しかし、桐壺更衣は他の女たちの嫉妬や嫌がらせを受け、また病気がちであったために三歳の皇子を残して病死してしまう。 その死を嘆き悲しむ帝であったが、亡き桐壺更衣の生き写しのような先帝の皇女藤壺が入内し、帝の寵愛を受けることとなる。そして、帝のもとで育てられていた皇子は、亡き母によく似ているということで藤壺をことさらに慕うようになった。 その後、元服した皇子は臣下として源の姓を与えられ、左大臣家の娘葵の上と結婚する。彼はその光り輝くような姿の美しさから、いつしか光源氏と呼ばれるようになった。

カテゴリ

古典

スタッフのおすすめ

【朗読】グラジオラスを君に【CV.吉宮瑠織】

【朗読】グラジオラスを君に【CV.吉宮瑠織】

小玉励 おかだアンミツ

【ASMR】ちょいS幼馴染とはじめる0距離筋トレ【CV. 柿原徹也】
50%OFF

【ASMR】ちょいS幼馴染とはじめる0距離筋トレ【CV. 柿原徹也】

© 2021 DWANGO Co., Ltd.