世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

ナレーター:

再生時間:

05:13:53

チャプター数:

18

図表の数:

1

作品紹介

TVでも話題沸騰、たちまち16万部突破! 久賀谷亮著『世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる』が登場! イェール大で学び、精神医療の最前線・米国で18年診療してきた医師が語る 「脳疲労」がすぐ消える「科学的に正しい」脳の休め方とは? 今注目されている「マインドフルネス」の方法をストーリー形式でわかりやすく紹介する一冊です。 ・疲れが取れない ・考え事をしてしまい、なかなか寝付けない ・感情的になりやすい それらはすべて、脳の疲労が原因となっているのです。 そんな脳の疲労に効果的な「マインドフルネス」という方法をご存知でしょうか? 本作品では、名門イェール大学で学び、米国で18年診療してきた久賀谷医師が、 脳の疲労を取り除き、集中力を高める「マインドフルネス」の実践方法を、物語と共にご紹介しています。 脳の消費エネルギーの60~80%は、デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)に使われています。 DMNとは、脳が意識的な活動をしていないアイドリング状態でも動き続ける脳回路です。 体をいくら休ませてもこの脳回路は動き続けているので、脳はどんどん疲れていってしまうのです。 だからこそ、日々のパフォーマンスを最大化し、健康を保つためには、 適切な脳の休ませ方を知り、実践する必要があります。 世界中の有名企業経営者、アントレプレナーたちが取り入れ始めている「マインドフルネス」を実践することで あなたの仕事の効率化や健康維持にも大きな効果が表れることでしょう。 脳科学と瞑想が組み合わさった「マインドフルネス」の最新知識を取り入れ、 脳を休息させる最高の方法を学び、実践してみませんか?

カテゴリ

キャリア・マネジメント
成功術
科学・IT・テクノロジー

© 2021 DWANGO Co., Ltd.