フランドン農学校の豚

フランドン農学校の豚
フランドン農学校の豚

ナレーター:

再生時間:

00:43:20

チャプター数:

1

図表の数:

0

出版社:

青空文庫

作品紹介

宮沢賢治が亡くなった翌年に発表された短編童話。

フランドン農学校で飼育されている豚は、人間並みの知能があり、また人間と同じように話す能力があった。 豚には水や藁を得ることで脂肪に変えることができ、白金のような価値がある、と農学校の生徒たちが話しているのを聞いて、豚は幸せを感じていた。

ある日、家畜を殺すためには家畜に死亡承諾書を取らせる必要があるという発令がなされ、豚も承諾書に印を押すことを強いられる。その日から豚はいつか自分が殺されるということに苦悩し始める。

*文中に、現代の社会通念や人権意識において不当・不適切な表現や語句、差別的表現が見られる場合がありますが、創作された当時の時代的背景などを鑑み、また原文を尊重する意味も含め、そのまま朗読しています。

カテゴリ

名作文学
児童書

スタッフのおすすめ

© 2021 DWANGO Co., Ltd.