オーディオブック聴くならドワンゴジェイピー!


ログイン / アカウント作成

親が捨てられる世相(小学館の名作文芸朗読)

親が捨てられる世相(小学館の名作文芸朗読)

著者:

坂口安吾

ナレーター:

再生時間:

00:26:04

チャプター数:

1

図表の数:

0

出版社:

小学館

作品紹介

【小学館の名作文芸朗読】

戦後の日本社会における「親を捨てる子」という現象を取り上げたエッセイ。戦時中の碁会所での老人の姿や、小説家の川崎長太郎、徳川夢声の生き方を引き合いにしながら、著者は老後の生活設計や親子関係について考察する。戦争によって老人の人生設計は狂わされ、配給制度などで親の立場は弱くなった。しかし親を捨てる風潮は戦前からあり、戦後に増えたのは「親の忍従がなくなり、親子の軋轢が増えたためだ」と指摘する。また、老後は誰にとっても孤独と不安の時期であり、親は子に頼れないことを覚悟すべきだとも述べている。そして全てを戦争のせいにするのは安直としつつも、戦争が多くの老人の人生設計を狂わせたことは紛れもない事実であると結論付ける。

カテゴリ

名作文学

スタッフのおすすめ

【朗読】グラジオラスを君に【CV.吉宮瑠織】

【朗読】グラジオラスを君に【CV.吉宮瑠織】

小玉励 おかだアンミツ

灰とカセットテープ
特典

灰とカセットテープ

Creative Hub Swimmy

【ASMR】ちょいS幼馴染とはじめる0距離筋トレ【CV. 柿原徹也】
50%OFF

【ASMR】ちょいS幼馴染とはじめる0距離筋トレ【CV. 柿原徹也】

© 2021 DWANGO Co., Ltd.